ベアフット移行のために<br>毎日できるエクササイズ

ベアフット移行のために
毎日できるエクササイズ

2020年9月03日

DAILY EXERCISE TUTORIALS
ベアフット移行のために毎日できるエクササイズ

TOE GA
トーガ 母趾を鍛えるエクササイズ

 

母趾(足の親指)は体を支えるピボット(軸)でありアンカー(錨)です。
強くてまっすぐな親指と、これらに荷重が効率的に分散されていることは、健康的で自然な動作をする上でとても大切です。私たちの母趾は他の足指よりも4倍も厚みと密度があります。過酷な仕事を任されるように、そもそもデザインされているのです。

以下に紹介するエクササイズは、この母趾を目覚めさせ、強化するのにとても効果があります。靴を履いたことがない人は、直立していても歩いていても、走っているときも両足の母趾にきちんと体重を分散させています。しかし、つま先のせり上がった窮屈な靴を履き、座ってばかりの生活では、母趾はどんどん弱っていきます。ー さあ、母趾を再び使い始めましょう。母趾が健康的に機能していることは、運動連鎖(足首から腰、背中)すべてにさかのぼって大きな恩恵があります。

ANATOMICAL WALKING EXERCISES 
歩行に必要な3つのロッカー機能

 

健康的にウォーキングを楽しむためには、3つのロッカー(足首、かかと、母趾)の可動域が制限されず、互いに連動し機能している必要があります。

動画内の簡単なエクササイズで、眠っている「ロッカー機能」を呼び覚まし、私たちがもともと持っている「ウォーキング・キット」をフル活用することができるようになります。注意点は、歩幅を大きく取りすぎないことと、母趾を使っていることを意識することです。 こんな不自然な歩き方は普段はしないでしょう ー あくまでロッカー機能を鍛えるためのエクササイズです。
 

DAILY FLEXIBILITY ROUTINE
関節可動域を広げる日々のトレーニング

 

焦りは禁物です。足や足首、股関節の可動域を取り戻すまでは、すべてのベアフットトレーニングを実施しないようにしましょう。ここに紹介するシンプルなエクササイズは私たちの動作システムを活性化させ、健康的な動作を取り戻すために必要な部位の柔軟性や強度を向上させます。ぜひ楽しみながら毎日少しずつ取り組みましょう。 

ASSISTED SQUAT 
補助つきスクワット

 

しゃがもうとしても椅子の高さで腰が止まってしまう場合、支えにつかまりながらしゃがむ練習に少し時間を割いてみましょう。 股関節や足首の柔軟性とひざの安定性は大切です;これらの部位に窮屈さを感じるなら、焦らず徐々に柔軟性を高める練習をしましょう。 補助つきスクワットで練習しディープスクワットポジションに近づけば、自分の強さとバランス感覚に自信がついてくるはずです。

OVERHEAD SQUAT
オーバーヘッドスクワット

 

ディープスクワット(深くしゃがむこと)ができるようになったら、ポスチャースクワットやオーバーヘッドスクワットに挑戦してみましょう。強度と柔軟性のさらに上のレベルを目指します。 これらのシンプルなエクササイズは、自然な体の動作を体得する近道となるでしょう。ぜひ楽しんでください! 

 

元の記事:

https://www.vivobarefoot.com/rw/blog/october-2017/daily-exercise-tutorials




DISCOVERも読む

TOE-GA(トーガ)をやってみよう
TOE-GA(トーガ)をやってみよう

2021年2月19日

Vivobarefootが強く強く、強ーく! 推奨している Toe-ga(トーガ)というエクササイズをご存知ですか?

このエクササイズは長年一般的な先細のスニーカーや靴を履いて変形してしまった親指の外反母趾、小指の内反小趾を矯正するだけではなく、私たちが本来持っている足の強さと感覚能力を取り戻すために、もっとも効果的な足の体操のひとつです。

 

さらに読む

緑の未来と青の成長
緑の未来と青の成長

2021年2月12日

海藻の養殖は海を守り、水質を改善し、生物多様性とその生息地の再生を促進しながら、貴重な二酸化炭素吸収源(地球の再生に貢献することを意味します)にもなります。Livebarefoot基金では、持続可能な海藻の養殖だけでなく、海藻を将来の靴にどう役立てるか、ということにも注目しています。

さらに読む

子どもは裸足がベスト
子どもは裸足がベスト

2021年1月25日

子どもの体や感覚の正常な発達には、彼らが一日中自由に動けるという条件が必須です。もちろん足も例外ではありません。裸足で歩くことは子どもたちにとって大きなメリットがあります。

さらに読む

サイズガイド

初めてVivoのシューズを検討している方は、以下の手順で自分の足にあったサイズを選んでください。

①定規やスケール等で自分の足の実寸(つま先〜かかと)を測ってください。
※外反母趾の強い方は母趾(親指)よりも第二指(人指し指)のほうが長いことが多く見られますが、その場合は第二指からかかとの長さで測定してください。
②下のサイズチャートの「cm」を参照し、①で測った実寸よりも1cm~1.7cm大きいサイズを選んでください。

なおVivoのつま先部の「トゥボックス」は意図的に足の親指幅ほどのスペースが確保され指先が靴に当たらないようにデザインされています。サイズ選びの際は必ず指先に「1cm~1.7cm」ほどのスペースを確保できるサイズを選んでください。

※ベアフットシューズをすでに一定期間履き続けている方は、以前より足が大きくなったと感じているかもしれません。足指が広がって、本来あるべき足の形とサイズに戻ったためです;将来的に靴のサイズを上げる必要があるかもしれません。

 

MENS


CM EU UK US
26.2 40 6 7
26.9 41 7 8
27.6 42 8 9
28.2 43 9 10
28.9 44 10 11
29.5 45 11  12
30.2 46 11.5 12.5

 

WOMENS


CM EU UK US
22.8 35 3 5.5
23.5 36 3.5 6
24.2 37 4 7
24.9 38 5 7.5
25.5 39 6 8
26.2 40 7 9
26.9 41 8 10
27.5 42 8.5 11
28.2 43 9 11.5




JUNIORS


CM EU UK US
21.3 33 1 2
22 34 2 3
22.8 35 3 4
23.5 36 3.5 4.5
24.2 37 4.5 5.5
24.9 38 5 6
25.5 39 6 7



KIDS


CM EU UK US
16 25 8 9
16.7 26 8.5 9.5
17.4 27 9 10
18.1 28 10 11
18.7 29 11 11.5
19.4 30 11.5 12
20.1 31 12 13
20.7 32 13 1