なぜベアフット移行をすすめるのか?ビギナーズガイド

なぜベアフット移行をすすめるのか?ビギナーズガイド

2020年6月10日

WHY GO BAREFOOT? A BEGINNER'S GUIDE
なぜベアフット移行をすすめるのか?ビギナーズガイド

「完全にベアフットに転向済み。ひざや股関節の痛みもなく走り、ハイキングやヒルウォークをしても足やひざの痛みに悩まされることもなく、ただぶらぶらと歩くときだって気持ちがいい。これまで締め付けられていた僕の足は広がり始めた。Vivobarefootの販売戦略は素晴らしい。なぜなら、僕の足はすぐに他の靴は履けなくなって、彼らの靴しか買えなくなるからだ。」

- @Richosbourn23

 

誰もがベアフットの恩恵を受けることができます。足のリハビリは誰にでも可能で試す価値があると強く信じています。

ベアフットは、ランニング愛好家やレースに勝つためだけに提唱されているものではありません。すべての人のため、そして毎日のため。まず靴を脱いで立ち、歩き、重力の負荷に慣れることから始めることから始めましょう。

足が自然に動かせるようになると、すべての筋肉や靭帯、腱が強さや柔軟性を取り戻し始めます。これが健康的な動作の土台となるものです。

人間の足は生体力学の最高傑作品です。衝撃を見事に吸収しながら体を支え、巧みな動作を可能にします。足に本来の仕事をさせるために今からでもできることを行っていきましょう。

Vivoの靴にサポート機能はありません 

 

70年代にあらゆる手のこんだ技術を靴底に満載したジョギングシューズが誕生してからというもの、図らずも足が本来の素晴らしい役割を果たすことを邪魔してきてしまったのです。クッション素材やアーチサポートを追加した途端、足は弱体化しました。簡単に言えば、足に怠けるチャンスを与えてしまったということです。体は驚くほどに順応性が高く、効率的にできています。「使われない機能は失われていく」という原則は、足にとっても例外ではありません。そして、それはお金では解決できません。
 

 Vivoの靴にクッション材はついていません

 

足底の緩衝材は、また別の弊害があります。足裏に備わった感覚受容器からの脳に伝えられる情報量を減少させてしまうのです。脳にとっては、怪我をしないように適切な動作の指令を出すことが難しくなります。足裏の感覚情報がいかに重要であるのかは、足には手と同じ数の感覚神経終末が備わっていることからも明らかです。つまり、あなたの両手と両足は、インプットされる膨大な感覚情報を脳に伝達するように本来できているのです。クッション材があると、着地時の衝撃度合いについて、脳が正しい情報を受信することができません。そのため不自然な体勢で体を動かしてしまうのです。

例えば多くの人は、日頃から強すぎるかかと着地で歩いています。もし裸足なら、一歩一歩やさしく着地するように気をつけ、接地したときの衝撃もスムーズに吸収するでしょう。裸足のままかかとで強く着地したら、この動きは正しくないと修正のシグナルが出されるはずです。これに対して、足の下にふわふわした厚手の素材が挟まっている場合、着地したときの正確な感覚刺激が得られません。クッションつきの靴は、履いている最中には即座に怪我や故障をしないように作られています。しかし、本来の自然ではない動作で歩き続けることによる長期的な影響は見過ごすことができません。

ひざ、股関節、腰、肩、そして首…私たちの骨格はまるで階段状の滝のように、複数の関節の積み重ねでできています。足のポジションによってそれらが影響を受けてもまったく不思議ではありません。

SHOP LATEST  

Vivoの靴は干渉もミニマル

 

足下や周囲の刺激を受けとめる皮膚感覚(専門用語では固有受容器)は、その感覚フィードバックが阻害されることで変化する可能性があります。そして足下から上に向かってドミノ式に影響を与えます。

たとえわずかなヒールでも体にどのような影響があるのか、詳細はこちらのブログから> here.

足と脳の感覚回路への干渉を最小限に抑えることで、バランスとスキルを駆使して体を動かすことを可能にし、究極には怪我を予防する効果を最大化できると思っています。

 

より健康的な動作を楽しんでいただくために

 

いかに大地に接地するのか。その手段によって体のポジションにも変化があるのでしょうか?

私たちは、影響があると思っています。

足底にクッション素材がある靴とベアフットシューズとの体のバランスの違いをビデオでご覧ください… 

ミニマルシューズを履いた人々から寄せられる多くの感謝のお声は、最も説得力があります。どなたも大きな変化を体感されています。

いくつかご紹介します…

 

おかげで腰痛が改善し、ようやく消防士として規定の安全靴が履けるようになりました。
ありがとうございます。これまで間違った靴と、おそらく誤った体の使い方で
物を持ち上げて来たせいで長年腰痛に悩まされてきました。
ベアフットシューズを履いて、いつもどおりの生活を1週間ほど続けたところ、
痛みが改善されてきました。これまでは休日だけ裸足で過ごすかAltraを履いていましたが、
ベアフットシューズのおかげで毎日足の指を広げて過ごせます。
最高の品質を私が証言します。今では2名ほどベアフットシューズ仲間も増えました。
本当にありがとう。

ー @VMNOMAD

もう平らなゼロドロップシューズしか履けません。
100%ゼロドロップシューズに移行して以来、背中の痛みが消えました。
足まで改善されたのは大きなおまけです。

ー @STEEMNCD70

 

さらに詳しく知りたい方は、ベアフットが慢性的な腰痛や背中の痛みを改善することを発見したRangan Chatterjee医師によるこちらのブログをご一読ください。 > here. 

 

VIVOの靴はすべて足の形をしています

 

これまでベアフットの基本をご紹介してきました。さらに、足を自由にすることの大きなメリットについてお話します。

 

現代の靴産業は…あいにく足形の靴を作らない傾向にあるようです。よくあるおしゃれな街用の靴の上に足を置いてみてください。どうですか?足のつま先は靴のつま先よりも広いはずです。

 

 

 

私たちはこれまで美意識から、この形の靴が重要であるというカルチャーを築いてきました。しかし、これではつま先を締め付けて、文字通り足の骨格構造を変えてしまいます。

つま先の尖った靴を日常的に履いている人は、おそらく自分の足の変化に気づいています…そう、なんだか足まで尖っているのです。多くの場合、足の親指に不自然な負荷がかかり、そのつけ根に腱膜瘤(タコ)ができます…控えめに言っても痛いはずです。

 

 

 

 

腱膜瘤は特に女性に一般的な障害で実に55%の女性に見られます。
実に男性の9倍の数です。
指先を締め付けない適切な靴を履くことで多くの場合症状を改善できます。

 

足指を広げられること(特に母趾)は、自然で巧みな動作に欠かせない条件です。バランス、衝撃吸収、そして姿勢。これらを正しく行うためには、足指本来の動きができるかどうかにかかっています。

 

すべてのデザインが薄くて、幅広で、柔らかい。

 

Vivobarefootの靴はどんなデザインでも必ず3つの原則を守っています。薄くて、幅広で、柔らかい。

靴底は薄く、トゥボックスは自然に広く、足形です。そして靴全体が柔らかい。怪我や寒さから足を守り(プラス、少しだけグリップ力も追加し)つつも、自然で健康的な動作には極限まで干渉しないデザインを一貫して目指しています。

足を自由にし、ベアフットが与えてくれる自由とその恩恵を、存分に満喫してください。

もしベアフットシューズが初めてであれば、その移行は焦らず徐々に行うようにしましょう。これまで硬くて足を締め付けるクッション付きの靴を履いてきた人なら、始めは自分の足がさらに弱くなったように、柔軟性も無くなったかのように感じることがあります。自分の体の声に耳を澄まし、ゆっくりと強度と柔軟性が育つまで時間をかけてください。最初は痛みが出るかもしれません。繰り返しになりますが、自分の体をよく観察しその限界を知り、学んだ知識を支えに、きっといずれ足からも感謝されるはずと信じましょう。

 

 

 

 ベアフット移行への旅のガイドはこちらから > here..

 元の記事:

https://www.vivobarefoot.com/rw/blog/march-2018/a-beginners-guide-to-barefoot 




DISCOVERも読む

有害有毒藻類ブルーム(HABs)を減らすために、いま私たちにできること
有害有毒藻類ブルーム(HABs)を減らすために、いま私たちにできること

2021年5月25日

私たちはこの夏、環境活動団体The Oxygen Projectと協力し、いま世界の水域で深刻な脅威となっている「有害有毒藻類ブルーム(HABs)」について、啓蒙活動を行っています。プランクトン藻類が大量繁茂し、水が赤や青に見えることから日本語では「水の華」と訳されることもありますが、その一見美しい翻訳とは裏腹に、地球の未来を脅かす深刻な環境問題です。

さらに読む

LIVEBAREFOOT基金 ✕ エチオピア地域団体 COVID-19への挑戦
LIVEBAREFOOT基金 ✕ エチオピア地域団体 COVID-19への挑戦

2021年5月14日

Vivobarefootは、ソウル・オブ・アフリカ(SOA)プロジェクト(現在はLivebarefoot基金に発展)を通じ、エチオピアの首都、アディスアベバとその周辺で活動する多くの草の根団体と長年協力してきました。

さらに読む

THE ABABA: 持続可能な未来のために
THE ABABA: 持続可能な未来のために

2021年5月13日

Soul of Africaシリーズは、作り手に力を与え、地域社会に収益を還元することが目的であることを意識しながら制作されています。アディスアベバを皮切りに、靴産業に社会的・環境的な持続可能性を取り入れることが、Soul of Africaプロジェクトのミッションです。

さらに読む

サイズガイド

初めてVivoのシューズを検討している方は、以下の手順で自分の足にあったサイズを選んでください。

①定規やスケール等で自分の足の実寸(つま先〜かかと)を測ってください。
※外反母趾の強い方は母趾(親指)よりも第二指(人指し指)のほうが長いことが多く見られますが、その場合は第二指からかかとの長さで測定してください。
②下のサイズチャートの「cm」を参照し、①で測った実寸よりも1cm~1.7cm大きいサイズを選んでください。

なおVivoのつま先部の「トゥボックス」は意図的に足の親指幅ほどのスペースが確保され指先が靴に当たらないようにデザインされています。サイズ選びの際は必ず指先に「1cm~1.7cm」ほどのスペースを確保できるサイズを選んでください。

※ベアフットシューズをすでに一定期間履き続けている方は、以前より足が大きくなったと感じているかもしれません。足指が広がって、本来あるべき足の形とサイズに戻ったためです;将来的に靴のサイズを上げる必要があるかもしれません。

 

MENS


CM EU UK US
26.2 40 6 7
26.9 41 7 8
27.6 42 8 9
28.2 43 9 10
28.9 44 10 11
29.5 45 11  12
30.2 46 11.5 12.5

 

WOMENS


CM EU UK US
22.8 35 3 5.5
23.5 36 3.5 6
24.2 37 4 7
24.9 38 5 7.5
25.5 39 6 8
26.2 40 7 9
26.9 41 8 10
27.5 42 8.5 11
28.2 43 9 11.5




JUNIORS


CM EU UK US
21.3 33 1 2
22 34 2 3
22.8 35 3 4
23.5 36 3.5 4.5
24.2 37 4.5 5.5
24.9 38 5 6
25.5 39 6 7



KIDS


CM EU UK US
16 25 8 9
16.7 26 8.5 9.5
17.4 27 9 10
18.1 28 10 11
18.7 29 11 11.5
19.4 30 11.5 12
20.1 31 12 13
20.7 32 13 1