子どもたちを野生化させるときが来た

子どもたちを野生化させるときが来た

2020年9月11日

TIME TO LET KIDS GROW WILD
子どもたちを野生化させるときが来た

現代の子供たちは家の中で長時間を過ごし、液晶画面を見続け、常に衛生的な環境を保たれています。たとえ屋外に出ても、大人が準備したアクティビティで遊ぶのです。

真実:現代の子どもたちは、木から落ちるよりベッドから落ちて病院に搬送されるケースが多い [1]。 8歳になる頃には1日あたり平均6時間液晶画面を見ている [2] そもそも木登りをしたことがないと訴える子どもがいる [3] 明らかに、これは子どもたちの責任ではありません。直ちになんとかしなければなりません。

この「自然欠乏症」がいかに子どもたちにとって悪いことなのかを浮き彫りにするさまざまな学術研究も増えています:子どもたちは自然の中で自由に遊ぶため、屋外にでなければなりません。ヘリコプター(見張っている親)もない。ルールもない。景品も必要ありません。

屋外での構造化されていない遊びは、問題解決能力や集中力、測定力、リスクを取ること、自己規律、そしてチームビルディングを学ぶのに役立ちます。友だちと一緒に想像力の赴くままに遊ぶことで、子どもたちは協調性や心身の柔軟性も身につけ、体力と敏捷性も習得できます。

屋外で遊ぶことは、子どもたちの感情の発達と自尊心を育みます。皮肉なことに、親たちがいつも無限に − そしてお金をかけて − 子どもたちにやらせている課外活動や部活、スポーツチームに期待していることが、まさにこれです。

子どもたちが裸足で遊べる環境であれば、それに越したことはありません。足は手と同じ数だけ多くの神経終末を持っていて、成長過程にある子どもの脳にとって足からの感覚情報は多ければ多いほど良いのです。脳に入る感覚神経メッセージに対し、脳から発出される運動神経刺激の比率は40:1なので、子どもたちがどのように運動能力を発達させるかは、この感覚フィードバックに直接関わってきます。

子どもたちが絵を描いたり、草花を摘んだり、木に登ったりするときに、彼らの手にボクシング・グローブをはめたりはしませんよね?確かに、木のトゲが刺さることからは守ってくれるかもしれません − でも体の動きが制限され、機微な運動能力も抑えられ、いずれ脳が退屈して麻痺してくるでしょう。私たちの足だって同じです。子どもたちを − そして彼らの足を − 野生に放つときが来たのです。

そうは言っても、裸足にさせることは必ずしも現実的ではありません。だからこそ、Vivobarefootはまるで存在しないかのような(そしてサスティナブルな)、極薄で突抜に強いソールを靴に採用し、大切な足の感覚メッセージを成長過程にある脳に伝え続けます。Vivobarefootのキッズシューズは、幅広で屈曲性に優れ、子どもの足が丈夫で柔軟に成長し、バランスのとれた巧みな動きができるようになります。子どもの足にとって良いことは、成長する脳にも − 体にも − 良いことなのです

そして、野生的に成長することは子どもたちだけでなく − 地球にとっても必要なことです。

自然の中で過ごす貴重な時間を子どもたちに与えずして、どうやって彼らに自然を大切にすることを理解させることができるのでしょうか?このままでは最悪の場合、地球が私たちの日常生活から完全に切り離された「もの」になってしまう危険性すらあります。

アウトドアと私たちの関係性を変えることは決して難しいことではありません。そもそも子どもたちは屋外が好きで、親に見張られずに自由に遊ぶことが好きなのです:大小さまざまな庭や公園、耕作放棄地、低木林など − 子どもたちを自由にさせるにはどこだっていいのです。費用もかかりません。

ぜひ試してみてください。屋外で彼らを自由にしてください。野生化するのを見守ってあげてください。
 

関連ブログ: 

Washington Post: The Decline of playing in pre-schoolers and the rise in sensory issues

 

参照: 

[1] www.news.bbc.co.uk/1/hi/magazine/7358717.stm

[2] www.bbc.com/news/technology-32067158

[3] www.theguardian.com/lifeandstyle/2010/aug/16/childre-nature-outside-play-health

 

元の記事:https://www.vivobarefoot.com/rw/blog/september-2017/time-to-let-kids-grow-wild

 




DISCOVERも読む

TOE-GA(トーガ)をやってみよう
TOE-GA(トーガ)をやってみよう

2021年2月19日

Vivobarefootが強く強く、強ーく! 推奨している Toe-ga(トーガ)というエクササイズをご存知ですか?

このエクササイズは長年一般的な先細のスニーカーや靴を履いて変形してしまった親指の外反母趾、小指の内反小趾を矯正するだけではなく、私たちが本来持っている足の強さと感覚能力を取り戻すために、もっとも効果的な足の体操のひとつです。

 

さらに読む

緑の未来と青の成長
緑の未来と青の成長

2021年2月12日

海藻の養殖は海を守り、水質を改善し、生物多様性とその生息地の再生を促進しながら、貴重な二酸化炭素吸収源(地球の再生に貢献することを意味します)にもなります。Livebarefoot基金では、持続可能な海藻の養殖だけでなく、海藻を将来の靴にどう役立てるか、ということにも注目しています。

さらに読む

子どもは裸足がベスト
子どもは裸足がベスト

2021年1月25日

子どもの体や感覚の正常な発達には、彼らが一日中自由に動けるという条件が必須です。もちろん足も例外ではありません。裸足で歩くことは子どもたちにとって大きなメリットがあります。

さらに読む

サイズガイド

初めてVivoのシューズを検討している方は、以下の手順で自分の足にあったサイズを選んでください。

①定規やスケール等で自分の足の実寸(つま先〜かかと)を測ってください。
※外反母趾の強い方は母趾(親指)よりも第二指(人指し指)のほうが長いことが多く見られますが、その場合は第二指からかかとの長さで測定してください。
②下のサイズチャートの「cm」を参照し、①で測った実寸よりも1cm~1.7cm大きいサイズを選んでください。

なおVivoのつま先部の「トゥボックス」は意図的に足の親指幅ほどのスペースが確保され指先が靴に当たらないようにデザインされています。サイズ選びの際は必ず指先に「1cm~1.7cm」ほどのスペースを確保できるサイズを選んでください。

※ベアフットシューズをすでに一定期間履き続けている方は、以前より足が大きくなったと感じているかもしれません。足指が広がって、本来あるべき足の形とサイズに戻ったためです;将来的に靴のサイズを上げる必要があるかもしれません。

 

MENS


CM EU UK US
26.2 40 6 7
26.9 41 7 8
27.6 42 8 9
28.2 43 9 10
28.9 44 10 11
29.5 45 11  12
30.2 46 11.5 12.5

 

WOMENS


CM EU UK US
22.8 35 3 5.5
23.5 36 3.5 6
24.2 37 4 7
24.9 38 5 7.5
25.5 39 6 8
26.2 40 7 9
26.9 41 8 10
27.5 42 8.5 11
28.2 43 9 11.5




JUNIORS


CM EU UK US
21.3 33 1 2
22 34 2 3
22.8 35 3 4
23.5 36 3.5 4.5
24.2 37 4.5 5.5
24.9 38 5 6
25.5 39 6 7



KIDS


CM EU UK US
16 25 8 9
16.7 26 8.5 9.5
17.4 27 9 10
18.1 28 10 11
18.7 29 11 11.5
19.4 30 11.5 12
20.1 31 12 13
20.7 32 13 1