子どもにベアフットシューズを履かせるべき5つの理由

子どもにベアフットシューズを履かせるべき5つの理由

2021年5月11日

5 REASONS YOU SHOULD TRY BAREFOOT SHOES FOR YOUR KIDS
子どもにベアフットシューズを履かせるべき5つの理由

 

5 REASONS YOU SHOULD TRY BAREFOOT SHOES FOR YOUR KIDS
1.足を脳や大地とつなげる

足には多くの神経の末端が集まっています。これらが足と脳、さらに体全体をつなぐ感覚フィードバックの循環を作っています。この循環システムを常に活性化させておくことが、自然で健康的な動作の土台となります。

パッドやクッション材つきの靴は、足裏から脳への感覚フィードバックを鈍らせ、さらに足元の大地とのつながりも阻害してしまいます。

いつでも足を脳と、そして地球とつなげておきましょう。

2.全身を支える土台を築く

裸足で育った子どもは足が丈夫で、怪我が少なく、偏平足になりにくいことが複数の研究からわかっています(アーチの強さに関連しています)。裸足の足や足首の筋肉は、常に使われ続けることによって強く柔軟に成長します。まっすぐ力強く伸びた母趾は、体全体を支える動作の軸となって母趾本来の役割を果たします。こうして生涯役立つ健康的な動作の基盤が築かれるのです:例えば、高い身体能力と柔軟性を要するディープスクワットなども可能になります。

3.完璧な歩き方と姿勢を保つ

幸いなことに、ほとんどの子どもは生まれながらにして完璧な姿勢、歩き方、走り方を身に着けながら成長します。しかしまるで「ミニギプス」のような靴を履かせた途端、すべて台無しになってしまいます。子どもたちは体のバランスを崩し、母趾が体を支える軸になれず、足や足首も弱っていきます。こうして私たちの身体能力は低下していくのです。座りっぱなしやスクリーンに囲まれた生活スタイルが増えている今こそ、このような事態は避けなければなりません。
 

4.固有受容感覚とバランス感覚を発達させる

固有・受容・感覚(難しいのでゆっくり言ってみましょう!)とは、空間の中で自分の体の動きを感知する感覚のこと。つまり目を閉じていても体の状態や動きが認識できる能力です。足元からの感覚フィードバックが増えると、固有受容感覚を常にアクティブに使うことになるため、これを発達させたいなら裸足になるのが一番です。言い換えれば、固有受容感覚は子どもが成長する過程で身につけるものなのです。屋外で自然に囲まれて遊ぶことでバランス感覚を身につけるように、子どもたちは次第に固有受容感覚を研ぎ澄ませ、巧みな動作ができるようになっていきます。

5.足は進化による最高の贈り物

使わない機能は失われます。何百万年にもわたる自然界の研究開発(=進化)によって、ついに私たちは巧みに動かせる(動くべき)足と体を手に入れました。今日一般的となった分厚くてがっちりしたパッド入りの靴や、座りっぱなしで不活発な生活スタイルは、このせっかくの進化の成果を台無しにしてしまう恐れがあります。Vivobarefootは、足、体、脳がきちんと活動し、互いに連携しながら地球ともつながることが何より大切だと考えます。孤立化が進む現代社会において、地に足をつけ自然の中に身を置くことは、決して些細なことではないのです。

 

元の記事:https://www.vivobarefoot.com/uk/blog/5-reasons-you-should-try-barefoot-shoes-for-your-kids




DISCOVERも読む

自然な足のかたち その重要性
自然な足のかたち その重要性

2022年6月10日

人類の進化における最高傑作、それは「足」です。手と足を完全に使い分けて生活をする動物は、地球上で人類だけです。そして、それを可能にしたのは、過去も現在も私たちを支えてくれている、この「足の進化」があったからこそなのです。

さらに読む

先住民が主導するアマゾン上流域の保全活動
先住民が主導するアマゾン上流域の保全活動

2022年4月22日

One Earthは、何百万エーカーもの立木を保護する動機と経験を持つのは、マゾンの代々の守り手である先住民族であると言います。しかし、彼らには21世紀の産業の脅威から守るための資源、ツール、ネットワークが不足しているのです。

さらに読む

地球にも足にも快適な未来の靴とは?
地球にも足にも快適な未来の靴とは?

2021年11月10日

UNFCCC公式パビリオン「ブルーゾーン」で革新的な技術を紹介するよう依頼された英国の組織・団体はごく少数です。3Dプリンティングとオーダーメイドシューズの世界における私たちの開発を紹介するのに、これ以上の場所はありません。VIVOBIOMEを発表するための素晴らしい環境がここにあります。

さらに読む

サイズガイド

初めてVivoのシューズを検討している方は、以下の手順で自分の足にあったサイズを選んでください。

①定規やスケール等で自分の足の実寸(つま先〜かかと)を測ってください。
※外反母趾の強い方は母趾(親指)よりも第二指(人指し指)のほうが長いことが多く見られますが、その場合は第二指からかかとの長さで測定してください。
②下のサイズチャートの「cm」を参照し、①で測った実寸よりも1cm~1.7cm大きいサイズを選んでください。

なおVivoのつま先部の「トゥボックス」は意図的に足の親指幅ほどのスペースが確保され指先が靴に当たらないようにデザインされています。サイズ選びの際は必ず指先に「1cm~1.7cm」ほどのスペースを確保できるサイズを選んでください。

※ベアフットシューズをすでに一定期間履き続けている方は、以前より足が大きくなったと感じているかもしれません。足指が広がって、本来あるべき足の形とサイズに戻ったためです;将来的に靴のサイズを上げる必要があるかもしれません。

 

MENS


CM EU UK US
26.2 40 6 7
26.9 41 7 8
27.6 42 8 9
28.2 43 9 10
28.9 44 10 11
29.5 45 11  12
30.2 46 11.5 12.5

 

WOMENS


CM EU UK US
22.8 35 3 5.5
23.5 36 3.5 6
24.2 37 4 7
24.9 38 5 7.5
25.5 39 6 8
26.2 40 7 9
26.9 41 8 10
27.5 42 8.5 11
28.2 43 9 11.5




JUNIORS


CM EU UK US
21.3 33 1 2
22 34 2 3
22.8 35 3 4
23.5 36 3.5 4.5
24.2 37 4.5 5.5
24.9 38 5 6
25.5 39 6 7



KIDS


CM EU UK US
16 25 8 9
16.7 26 8.5 9.5
17.4 27 9 10
18.1 28 10 11
18.7 29 11 11.5
19.4 30 11.5 12
20.1 31 12 13
20.7 32 13 14

TODDLERS

CM EU UK US
12.7 20 4 5
13.4 21 4.5 5.5
14.1 22 5 6
14.7 23 6 7
15.4 24 7 8