• お買い物かごは空です
episode 08

episode 08

「憧れやこだわりへの執着がなくなり、軽やかになった」

ー栗橋 智子さん/セラピストー

子育てをしながら建築家として働いていた栗橋智子さん。ステイホーム期間中に仕事と距離を置いた事で気持ちがとても楽になりました。それを機に、身体のことを学び始めスウェディッシュマッサージとヒモトレに関わります。

人に触れられることによって無自覚の凝りや癖を知り、そこに意識を向けていくマッサージ。 智子さんはマッサージを習得する過程で、自らの身体と心に客観的に向き合います。 

今まで知らずと緊張しこわばっていた身体、長年の癖、感覚を閉ざし頑張っていた心に気付き自分の内側と対話していく中で、

『 憧れやこだわりへの執着がなくなって、軽やかになった 』

と自分の心地よさの中で悦びのままに過ごす日々が幸せだと感じて、ニュートラルな自分へと変化していったそうです。自身が変化した経験をマッサージを通してシェアする智子さんの手と言葉はとても温かく、お客さんをほぐしていきます。

VIVOとの出逢いも新たな道を歩み始めた頃のこと。VIVOを履き始めてから足に対する意識が身体と繋がっていなかったことに気付き、意識を向けないと感じないという事、足裏感覚を一つ一つどう感じるか認識する事の大切さに気付いたそうです。

そして自分の身体を自分のこととして向き合い続けるツールとしてヒモトレを取り入れます。ヒモトレは紐を巻くだけで、自身の緊張や癖などに気づき、もともと備わっている身体のつながりを無意識の中で整えていきます。 他力に頼るマッサージとは違い、自立して続けることが出来るのがメリットです。

マッサージやヒモトレ、そしてVIVOも自分と向き合う“きっかけ”と捉え、身体と心が一致して自分らしく軽やかに生きていく方々が増えたら...と智子さんは願っています。大地の再生を施した清々しいお庭で、ヒモトレストレッチをする智子さんは、身体も心も柔らかく軽やかです!

 

Profile

栗橋 智子 :  @kurihashitomoko

 2021 年より京都静原の自宅にてオイルマッサージを始めました。
自身の身体へ探求を深める中でヒモトレにであい日常のなかで内面とつながるツールとして、
2022 年よりヒモトレを伝える活動も行っています。
サロンは本格オープンに向けて準備中です。
今後の活動は Instagram をご覧ください。

※2023年5月13日-14日開催のBTBJ in KYOTOにて栗橋智子さんによるヒモトレWSが行われます!ご興味ある方はぜひ。
ご予約方法など詳細はイベント告知をご覧ください。

 

Shoes type 

OPANKA

体操やヨガなどリラックスするにもぴったりのライフスタイルモデル

>>自分の+vivoを探す

 

Making Photos

撮影後にちらし寿司や新茶を振る舞ってくれました。マッサージのカウンセリング時には、すーっと沁み込む、素の自分にかえれるような静原のお茶やハーブティーを出しているそうです!

  

photographer:Haruo Kotera
                            (@haruo.860

 

 




plus-vivoも読む

episode 20
episode 20

dentalclinicの扉を開くと、そこには受付カウンターはなく 「こんにちは!」と歯科医師の金田美希さんが明るい笑顔で出迎えてくれます。いわゆる歯医者らしさを感じさせないこの空間は、美希さんが昨年開業されたMiki private dentalclinicです。
1日に最大4名までを1人ずつ丁寧に診察し、「ひたすら削る治療」ではなく「一生再発させないために全力を尽くす治療」を行うことを目標に、衛生士の岸田京さんとお二人で診療されています。

さらに読む

episode 19
episode 19

さらに読む

episode18
episode18

さらに読む

サイズ&フィットガイド