• お買い物かごは空です
episode 11

episode 11

「自然から植物をいただくたびに、ありがとうの感謝の気持ちを抱きます」

ー徳田 陽子さん/色とリズムー

「色とリズム」という屋号で自然から享受したことを、人と関わりながら表現されている徳田陽子さん。シュタイナー幼児教育に携わりながら、手仕事や染色のワークショップや、草木染め作品の展示を全国各地で行っています。

ワークショップで人気のバンドルダイは、布に植物を巻き付けて蒸し転写し染める草木染めの一つ。まず染料となる植物を摘みに出かけます。季節折々の草花が、どんな色や形に染まるのかを想像しながら摘む楽しいひとときです。

そして布に絵を描くように思うままに植物を散らし、ギュギュっと布を巻きます。草花の香りと蒸気に包まれながら蒸すこと40分。蒸しあがった布を広げると、次々と歓喜の声が上がり、しばし布の中の花畑に見惚れてしまいます。

『自然から植物をいただくたびに、ありがとうの感謝の気持ちを抱きます』

と、植物から生み出される色や香りから、身も心も元気になり癒されると陽子さんは語ります。染め重ねる回数や媒染方法だけではなく、植物の育った環境からも変わる色。染色の正解のない面白さに惹かれ続けているそうです。
制作やWS活動の他にも、大阪のシュタイナー園に長く勤めていた経験をもとに、広島の森のようちえんへ月に一度お手伝いに行かれています。野外活動用にVIVOを履いてみたところ木の根っこや小石を踏む感覚が気持ちよく虜になったそう。愛用のトラッカーⅡ FGは草花の採取にも、子どもたちと野山を駆け回るのにも最適なようです👣

 

もともと旅好きな陽子さんには仕事と称して知らない土地に行き、共鳴しあえる方々と出会い喜びを分かち合えることはとても嬉しいこと。これからも植物と関わり人に伝える旅に軽やかに飛び回ります。

 

Profile

徳田 陽子 : @irotorizumu

美術大学卒業後、結婚、育児を経て
2011年より色とリズムとして、
シュタイナー幼児教育に携わりながら植物による染色、
ワークショップなど大阪を拠点に全国各地にて活動中。
展示やワークショップなどのお知らせはInstagramにて。

 

Shoes type 

TRACKER Ⅱ FG

野山や畑を駆け巡るのにぴったりのアウトドアモデル

>>自分の+vivoを探す

 

Making Photos

今回は京都北部の里山、綾部にあるご友人宅でのWS準備にお邪魔しました。バンドルダイの他に陽子さんが染めた糸でおこなう、瞑想のような糸かけワークショップも人気です!

  

photographer:Haruo Kotera
                            (@haruo.860

 

 




plus-vivoも読む

episode 20
episode 20

dentalclinicの扉を開くと、そこには受付カウンターはなく 「こんにちは!」と歯科医師の金田美希さんが明るい笑顔で出迎えてくれます。いわゆる歯医者らしさを感じさせないこの空間は、美希さんが昨年開業されたMiki private dentalclinicです。
1日に最大4名までを1人ずつ丁寧に診察し、「ひたすら削る治療」ではなく「一生再発させないために全力を尽くす治療」を行うことを目標に、衛生士の岸田京さんとお二人で診療されています。

さらに読む

episode 19
episode 19

さらに読む

episode18
episode18

さらに読む

サイズ&フィットガイド