• お買い物かごは空です
【ベアフット講習レポート】Vivobarefootとウェイトトレーニングの親和性〜なぜフリーウェイトを行うのか

【ベアフット講習レポート】Vivobarefootとウェイトトレーニングの親和性〜なぜフリーウェイトを行うのか

【ベアフット講習レポート】Vivobarefootとウェイトトレーニングの親和性〜なぜフリーウェイトを行うのか

3月17日に、京都府亀岡市にあるフリーウェイト専門・機能性ジム EXSTAGE(エクステージ)さんにてベアフット講習開催のご縁を頂きました。
そこには、ベアフットの理念にも通じる豊かな心がありました。


当日は雨模様でしたが、春の雨は清々しくも落ち着きを感じさせてくれるような感覚に包まれます。

中に入ると、トレーニングに励まれている方の姿が眼に映ります。
伺わせて頂いた時間帯は比較的20代の方が多い室内でしたが、「老若男女問わず、幅広い年齢層の方が通います」とオーナーの久保匡平さんが笑顔で迎えてくれました。

 

私たちVivobarefootスタッフへの対応も丁寧にして頂きながら、会員の方へのトレーニングメニューへの提案や気配りもかかさない姿勢から、オーナーと会員の垣根を超えた信頼の厚さを垣間見る事ができました。

ベアフット講習では、裸足の基礎知識から足のエクササイズをご提案させて頂きました。


足は身体を支える土台として、大地とつながる唯一の接点です。

地球という自然環境で、立つ歩くと言った日常動作を繰り返す私たちにとって、足は軽視できない部分でもあり、ウェイトを持ち上げることにおいても、力を大地に伝達しつつ、反作用を受け取る最初の接点です。
競技においてもその重要性を理解されている方々だからこそ、熱心に耳を傾けていただき、
多くのご質問も飛び交う時間となりました。


どちらかが一方的になってしまう講習ではなく、参加者の皆さまと一緒に時間を共有できたこと感謝致します。

ベアフット講習後は、参加者の皆様にプライマスライトⅢやモータスストレングスを履いて、実際のトレーニングで使用して頂きました。

種目によって異なる使用感を感じられた方も多く、クッションやサポート機能を持たないVivobarefootのシューズの違いを感じることの出来る私たちの足は、本来巧みに動かすことのできる場所であり、多くの感覚受容を可能にする精巧な機能をすでに備えているのです。


使用された方からは貴重なご感想を頂くことができ、私たちも実際のフィールドでご活動されている方々から多くの学びを得ることができています。

私たちVivobarefootスタッフも、オーナーの久保さんご指導のもとフリーウェウィトの体験をさせて頂き、身体の使い方についてご教授頂きました。
競技種目の中には、しゃがみ込みをする動作も多く、間違った使い方をしていれば怪我につながることもあると話す久保さん。

フリーウェイトという競技を通じて、適切な身体の使い方を学び、競技や日常、そして生涯にわたり怪我なく健康な身体を育んでほしいと願う久保さんの意識に、老若男女問わず、世代を超えて多くの人たちが集います。

「なぜフリーウェイトを行うのか」

そこには私たちが豊かに活きるためのキッカケを届けたいと願うオーナーの意識に集うコミュニティーの姿がありました。

「何をするのか」よりも「なぜするのか」
に目を向けると、大切なことに気づけるのではないでしょうか。 

 

Written by: Kotaro Watanabe




ACTIVITY REPORTも読む

【イベントレポート】発達障がいや自閉症などの知識を深める体験型イベント
【イベントレポート】発達障がいや自閉症などの知識を深める体験型イベント

4月6日埼玉県所沢市で行われた発達障がいや自閉症などの知識を深める体験型イベントに、私たちVBクルーも参加させて頂きました。
主催の『Light it up Blue 所沢』は「What's Yes and」をテーマに掲げ、
まず受け入れる、そして提案する。
この精神を広げて、生きづらさをなくしたり、安心感のある心地よい世界を目指したいという意識のもと活動をされています。

さらに読む

【VivoKids応援企画 第一弾】 「ありんくりん旅~東京湾一周編~」後編
【VivoKids応援企画 第一弾】 「ありんくりん旅~東京湾一周編~」後編

先日こちらでご紹介したVivoKids応援企画 第一弾「ありんくりん旅~東京湾一周編~」が、20231225日~30日の56日間で実施されました。
ここでは実際の旅の様子と、その後の子どもたちと企画スタッフの感想をレポートします。

旅の1日目(12月25日)
初日の朝、ありんくりんの森には参加者の中高生7名と、保護者の方々、同行するスタッフの方々、そしてVivoKidsスタッフが集まりました。
集合時間を少々過ぎながらも、みんな元気そう!
全日程を歩く中高生5名(こた、しょうちゃん、こうちゃん、ろいくん、みうちゃん)と、同行スタッフの方々がVivoを履いてきてくれました。

さらに読む

Thank You 2023:Vivobarefoot Japanより1年の感謝を込めて
Thank You 2023:Vivobarefoot Japanより1年の感謝を込めて

2023年もVivobarefoot JPとVivoKids JPをご愛用いただきまして、ありがとうございました!

Vivobarefoot日本上陸から4年目となった今年。これまで各地でまいてきた種が少しずつ芽吹き、新たな出会いにも恵まれ、私たちにとって大きな挑戦やビッグニュースが続いた年となりました😊

この1年の軌跡を一緒に振り返ってみましょう!

さらに読む

サイズ&フィットガイド